title

エラの副作用と飲み方を解説

エラの副作用

エラに使用されている成分は一般的なアフターピルに使用されている成分とは違ったで、ウリプリスタール酢酸エステルという物質が使用されています。

しかし服用時に発生する副作用という点で見ると、このウリプリスタール酢酸エステルという物質も黄体ホルモンに該当する成分のため、一般的なアフターピルと同じような副作用が発生します。

ここではエラを服用した際に発生する恐れのある副作用にはどういった症状があるのか、といった事を紹介します。

安全に緊急避妊を行うためにも、副作用について正しく知り、その上で服用するようにしましょう。

主な副作用

エラを服用した際に発生する副作用についてですが、具体的な症状としては以下の物があります。

・消退出血
・悪心
・嘔吐
・頭痛
・胸部の圧迫感
・経血量の変動
・生理不順
・疲労感
・下腹部の痛み

以上の副作用を初め、他にも多くの副作用が現れる恐れがあります。

これらの副作用が発生する理由として、体内のホルモン物質量が変動することが影響しています。

アフターピルに含まれる黄体ホルモンは人体が分泌する物質ではなく、人工的に生成されたホルモン製剤と呼ばれるものになります。

このホルモン製剤は精製方法こそ科学的なものであれども、体内に吸収された際には肉体が自然な働きによって分泌したものと同じ働きをします。

したがって、アフターピルを服用すると体内の黄体ホルモンが一気に増加した状態になります。

人体の性ホルモンやそれに関する物質というのは、常に身体を正常な状態に保つためにバランスを維持しながら分泌されています。

しかしアフターピルを服用すると、この分泌量が大幅に変化し、乱れた状態になります。

その結果、ホルモンバランスの変動によって発生する身体の異常が起こるようになり、副作用として悪心や嘔吐、消退出血といった症状が現れるようになるのです。

消退出血とは

エラを服用した際に起こる副作用として「消退出血」という症状があります。

この消退出血というのは、血液中に存在するエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモン物質量が低下することによって、子宮内膜が剥離して発生する出血のことです。

エラを服用した場合、体内にはエラの有効成分であるウリプリスタール酢酸エステルの影響によって脳が黄体ホルモンの分泌を停止させます。

停止した直後はウリプリスタール酢酸エステルの影響によって体内は黄体ホルモンが満ちた状態となります。

しかしエラの効果が切れると、身体が黄体ホルモンの分泌を停止した状態のままウリプリスタール酢酸エステルが排出されてしまうため、体内の黄体ホルモンが急激に減少した状態となります。

その結果、血液内のホルモン物質が減少した状態が作り出され、子宮内膜が剥離していき消退出血が起こるようになります。

エラの飲み方

エラの緊急避妊効果というのは、正しい方法で服用することにより初めて得られる効果です。

したがって、エラを使用する際には必ず正しい方法での服用を心がける必要があります。

ここではエラを使用する際にはどういった方法を取るのが良いのか、正しい飲み方というものを紹介します。

確実な避妊を行うために、どういった方法で服用すればよいのか、そして副作用の影響などによって嘔吐した際にはどうすればよいのか、そういった使用する上で重要な事を知ってから服用しましょう。

服用タイミング

まずエラは性行為の際に避妊に失敗してから「120時間以内」に服用する必要があります。

避妊成功率に関しては120時間を境に急激に低下していきますが、120時間経過以前でも避妊に失敗した直後から徐々に避妊成功率は低下していきます。

したがって、エラを服用する際には可能な限り早く服用する、遅くとも120時間以内に服用するようにしましょう。

また、医薬品の中には特定の飲食物の成分によって、薬の効果が増減するものがあります。

エラを服用する際には可能な限り水、もしくは白湯を用いて服用するようにしましょう。

服用量の目安

エラは1錠に有効成分であるウリプリスタール酢酸エステルが30mg配合されています。

一回の緊急避妊で必要なウリプリスタール酢酸エステルの量は30mgのため、服用時には錠剤を1錠服用するようにしましょう。

また、服用量を増加させたとしても避妊効果が強まるなどの変化が現れる事はありませんし、成分が強すぎるからといって減薬を行ってしまうと避妊効果が正常に得られなくなります。

服用の際には増減をさせることなくエラを1錠服用するようにしましょう。

嘔吐した場合

エラの副作用として悪心や嘔吐の症状があります。

悪心が起こる可能性は比較的高いと言われていますが、実際に嘔吐する事は稀と言われています。

しかし多量の飲酒を行った後にエラを服用する、もしくは副作用が強く現れた際には、嘔吐してしまう可能性もあります。

その場合「エラを服用してから嘔吐するまでの時間」によっては、有効成分が避妊に必要な量、身体に吸収される前に嘔吐してしまっている可能性があります。

一般的にエラから避妊に必要な量の成分を吸収するのに要する時間は3時間と言われています。

そのため、服用後3時間以内に嘔吐してしまった際にはもう1錠追加で服用するようにしましょう。

エラを飲む際の注意点

エラを服用する際に知っておくべきこととして、使用上の注意点と呼ばれる物があります。

エラは比較的安全に使用できる医薬品ですが、特定の医薬品との併用を行う際には注意を払う必要があるなど、注意すべき点が多くあります。

また、特定の条件に該当する場合、エラの使用自体が禁忌となっている場合もあるので、エラを服用する前には使用上の注意について知り、把握した上で使用するようにしましょう。

服用できない人

エラの使用が禁忌となり、服用できない条件について紹介します。

まず有効成分であるウリプリスタール酢酸エステルに対しての過敏症を持つ場合、服用時にショック症状をはじめとする危険なアレルギーを引き起こす恐れがあるため、使用できません。

次に重度の喘息や肝疾患を発症している場合、症状を悪化させる恐れがあるため、使用が禁忌となっています。

そして妊婦や産婦、授乳婦の場合、エラの服用によって女性胎児の外性器が男性化する、男性胎児の女性化といった重篤な副作用が現れる恐れがあります。

したがって、この条件に該当する場合も使用が禁忌となっているため、注意をしましょう。

併用注意薬

次にエラとの服用に注意が必要な医薬品についてです。

有効成分として「レボノルゲストレル」という成分を含む医薬品都の併用の際には、注意が必要となっています。

というのも、このレボノルゲストレルというのはアフターピルに使用される成分でもあるため、エラとの併用により過剰摂取を行ったのと同じ状態になるためです。

そのため、レボノルゲストレルを含む医薬品との併用は避ける、併用が避けられない場合は細心の注意を払うようにしましょう。

次にセイヨウオトギリソウの成分を含む食品やサプリメントとの併用です。

セイヨウオトギリソウは英名をセントジョーンズワートと呼ぶ植物ですが、この植物はエラの作用を高めるなどの影響をおよぼすことが知られています。

したがって、併用の際には同じく注意を払う必要があります。

まとめ

エラを使用した緊急避妊を行う際には、用法用量を守った服用を行う、そして使用時に注意すべき点を把握した上で使用するというのが非常に重要となります。

基本的な服用方法としては、避妊に失敗してから120時間以内に水や白湯を用いてエラを1錠服用するだけです。

そのため、非常に簡単な方法で緊急避妊が可能となっています。

しかし注意点を知らずに自己判断での服用を行った場合、本来は副作用が現れない場合であっても、副作用の症状が現れるなど、多くの影響が現れる場合があります。

したがって、エラを使用した避妊を行う際には必ず正しい方法で服用し、身体に対して掛かる負担やリスクの増加を予防するようにしましょう。