緊急避妊にはエラ!

エラの効果を解説

エラとは

避妊に用いる医薬品の1つにアフターピルという医薬品があります。

このアフターピルというのは、避妊に失敗してしまった際に用いる経口避妊薬で、急激なホルモンバランスの変化を発生させることによって、望まない妊娠を回避することができる医薬品です。

このアフターピルという医薬品は非常に優れた緊急避妊効果がある製品ですが、難点として「避妊失敗から72時間以内に服用しなければ効果がなくなる」というものがありました。

しかしそんな難点を解消したアフターピルがあります。

それは「エラ(ella)」と呼ばれるアフターピルです。

エラはトルコの製薬会社が製造するアフターピルですが、特徴として「使用可能な期間の長さ」があります。

エラは他のアフターピルと比べて服用後効果がある時間が長く、より便利に緊急避妊が可能となっているのです。

ここではそんな嬉しい特徴のあるアフターピル、エラについての紹介と製品についての説明をします。

エラの効果

まず紹介するのはエラの効果についてです。

エラの使用効果というのは、ざっくりとした言い方をすると「緊急避妊」です。

この緊急避妊と呼ばれる効果というのは、性行為の際に避妊ができなかった、もしくは避妊を行っていたけれども失敗していた、そういった緊急時にも避妊ができる、という効果になります。

したがって、一般的な避妊の方法とエラを使用した時の避妊方法や避妊に用いる医薬品が身体に与える影響というのは、大きく違っているのです。

最大5日(120時間)の避妊効果

アフターピルのエラの持つ最大の特徴として「避妊効果を長い期間得られる」という特徴があります。

今現在多くの婦人科や産婦人科で処方されているアフターピルとしてノルレボと呼ばれるようなアフターピルがあります。

このノルレボをはじめとするアフターピルというのは、避妊に失敗してから最大72時間以内、つまり3日以内に服用しなければ避妊効果が大幅に低下し、避妊できなくなると言われています。

しかしエラの場合は72時間以上の使用に対応しており、最大で120時間、つまり避妊失敗から丸5日間の間、避妊効果が得られるようになっているのです。

そのため、エラを使用した緊急避妊というのはノルレボなど他のアフターピルを使用した際に得られる避妊効果よりも、更に高い確率での避妊が可能となっているのです。

また、長時間にわたって避妊効果が得られるという事は避妊の失敗にその場で気が付かなかった時にも対処ができるという事でもあります。

性行為を行ったその場では避妊の失敗に気が付かなったけれども、数日後に避妊の失敗に気がついた、そんな時にノルレボは対処ができない場合もあります。

しかしエラであれば、そういった後日気がついたという時であっても、発覚したのが性行為から5日以内であれば、余裕を持って十分な対処が可能となるのです。

成分(ウリプリスタール酢酸エステル )について

エラは有効成分として「ウリプリスタール酢酸エステル」という成分が使用されています。

この成分というのは、一般的なアフターピルに使用されている成分とは全く違ったものです。

作用の仕組み自体は他のアフターピルで使用されている成分と同じく、服用後身体のホルモンバランスを大きく変化させるというものです。

ホルモンバランスの乱れによって排卵の一時的な抑制を引き起こし、子宮内膜が剥がれ落ちた後に排卵が発生するようにすることによって、受精卵が着床しにくい、もしくは着床できない環境を作り出します。

こういった作用によって、避妊に失敗してしまい卵子が受精してしまったとして、着床の防止という瀬戸際での避妊による妊娠の回避が可能となります。

エラの製造会社アブディイブラヒムについて

エラというアフターピルはトルコに本社を置く製薬会社の「アブディイブラヒム(abdi Ibrahim)」が製造と販売を行っています。

製薬会社といえばインドやアメリカ、イギリス、ドイツといった国を想像する人が非常に多く、トルコの製薬会社と聞くと少々珍しいと感じる人も多くいると思います。

しかしこのアブディイブラヒムというのは1912年に設立された非常に古くから存在している製薬会社で、非常に多くの実績がある製薬会社があります。

また、2012年には日本の製薬会社である「大塚製薬株式会社」と医薬品の販売を行うために合併会社を設立するなど、日本の製薬会社とも非常に深いつながりがあります。

したがって、アブディイブラヒムというのは多くの人が存在を知らない製薬会社ではありますが、優れた実績があり、なおかつ日本とも実はつながりの深い製薬会社なのです。

アブディイブラヒムが製造するエラ以外の医薬品としては、消炎鎮痛剤のナイキサンジェネリック、抗うつ剤レクサプロのジェネリックであるエスシタロプラムといったせい火ンがあります。

まとめ

避妊に失敗した時、避妊ができなった時、そんな困った事態に陥った時に使用することで優れた効果を発揮する医薬品がアフターピル、そしてアフターピルの中でも特に使用しやすい製品が「エラ」です。

一般的なアフターピルと使用効果に関しては変わりなく、正しい方法で服用することによって、優れた避妊効果を発揮します。

では何が便利なのか、それは使用して効果が得られる時間が一般のアフターピルよりも48時間、丸2日ほど長いという点にあります。

使用し効果が得られる時間が長いということは、それだけで安心感とより確実な緊急避妊が可能だということになります。

緊急避妊をより便利に使用したい、そんな人にエラは非常におすすめできる製品だと言えるでしょう。